5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【年功】ひーろっしまほぅかだぃがくぃん【序列】

1 :@:04/04/09 01:29
漢字の書き取り止めて まぁ〜 ちょっと一息入れよ〜や!!

2 :考える名無しさん:04/04/09 01:29
2(σ・∀・)σゲッツ!!

3 :考える名無しさん:04/04/09 01:30
医学部生からフィリピン人まで、あらゆる手段を駆使して12人全員をロック・オン!
合言葉は『YOU FIRST、I AM SECOND』


4 :考える名無しさん:04/04/09 01:30
三浦乙

5 :考える名無しさん:04/04/09 06:07
q

6 :考える名無しさん:04/04/09 12:20
スーフリ乙

7 :考える名無しさん:04/04/09 16:36
wadaサンって・・・  ネ申

8 :考える名無しさん:04/04/09 17:51
J-POPは やっぱり Bz

9 :考える名無しさん:04/04/09 17:58
板違い

司法試験
http://school2.2ch.net/shihou/

10 :考える名無しさん:04/04/09 18:20
>>8
sage進行のほうがええのでは?
GO

11 :考える名無しさん:04/04/09 18:48
スレ立て責任として六法全てのお勧め入門書を紹介しろ>>1


12 :考える名無しさん:04/04/09 21:09
>>11
「まんが日本国憲法」石ノ森章太郎著 講談社
「最新!まんがでわかる刑法」辰巳ヨシヒロ著 集英社
「最新!まんがでわかる民法」巴里夫著 集英社
「スラスラ・ラクラクのマンガ・会社法」経営実務研究会編 日本経営指導センター
「入門判例まんが本 商・民訴・刑訴」大学図書



13 :考える名無しさん:04/04/09 21:14
判例まんが本は口述の会場で呼んでた香具師がいたらしいぞw


14 :考える名無しさん:04/04/09 21:17
芦部信喜『憲法判例を読む』岩波書店。
道垣内弘人『ゼミナール民法入門〔改訂2版〕』日本経済新聞社。
山野目章夫『初歩からはじめる物権法〔第3版〕』日本評論社。
池田真朗『スタートライン債権法〔第3版〕』日本評論社。
大塚 仁『刑法入門〔第4版〕』有斐閣]。


15 :考える名無しさん:04/04/09 22:30
q

16 :考える名無しさん:04/04/10 01:32
みんな寝たんかにー・・・?
ワシゃーポコチン弄んでいまつ-_-

17 :たんぽぽ:04/04/10 08:31
 バイトを頑張ってお金を貯めて、ついに念願のハワイ旅行が実現する事になった。1週間7万円という手頃なお値段。
そして旅行当日。俺はやや緊張した顔で機内に乗り込む。初めてみるスチュワーデスはとても綺麗で、いい匂いがした。
 俺の飛行機は高校生の修学旅行生のほとんど貸し切りで、俺以外はほとんどが高校生。とてもうるさかったが、ここは我慢だ。
やがて夜になり、騒々しかった隣りの女子高生も、ウトウトと眠っている。初めて触る女子高生は、とても暖かかった。
そして、事態は起きた。
「アテンションプリーズ。お客様の中で、お医者様はいらっしゃいますか?」
ドラマのような緊急事態発生!だが、あいにく、俺は医者ではない。
俺は気になり、近くにいたスチュワーデスに質問する。
俺「どうしました?どなたかご病気ですか?」
スチュワーデス「ええ。実は機長が先ほど19リットル程度の血を吐いて、寝込んだままなのです。」
なんということだ。19リットルとは....。16リットルの間違いではないのか?19リッターは多すぎる。
 機内にパニックが走る。なんせ俺以外は学生しかいないのだ。授業さえ可能なこの機内で、一体誰が病人を治せるというのか?
その時、女性の声がどこからか聞こえた。
女性「私は学校の保健室の者です。私でよければ。」
助かった!!これでハワイに行ける。俺は隣の女子高生の手を握りしめ、指で、手のひらに「へ・い・わ」と書いてあげた。
 だが、パニックはこれからだった。



18 :たんぽぽ:04/04/10 08:31
またも警報が鳴り響く。再び機内は騒然とする。
スチュワーデス「先ほどの話はキャンセルです。事態はAレベルに悪化しました。繰り返します。事態はAレベルに...。」
 Aレベル?どういうことだ?俺は気になって仕方がない。座席のスチュワーデス呼び出しボタンを押す。
スチュワーデス「どうされました?」
俺「ええ。あの、先ほどのAレベルとは、どういう意味ですか?」
スチュワーデス「ああ、あれは緊急事態の最高レベルという意味です。」
俺「というと、死亡率が最も高い事態という事でしょうか?」
スチュワーデス「その通りです。」
俺「具体的には、どういう事でしょうか?」
スチュワーデス「はい。かいつまんで説明しますが、機長が永眠されたということです。」
絶句......。そんなことが起きるとは。もうどうすればいいのか分からない。しかし、機内は乾燥している。
 俺「お茶を頂けますか?」
スチュワーデス「ホットorコールド?」
俺「ホット、プリーズ。」
運ばれてきたお茶を飲み、すこし落ち着く。
 そして、再び、機内アナウンス。




19 :たんぽぽ:04/04/10 08:32
機内アナウンス「お客様の中で、飛行機の運転をされたことがある方はいらっしゃいますか?できれば軍用機ではなく、民間機の経験者でお願いします。」
 俺はそれを聞いてガックリする。高校生は飛行機の免許をとれるわけないからだ。当然、俺もそんな操縦経験はない。
そしてすぐに機内アナウンスが響く。
機内アナウンス「お客様の中で、車の運転免許、もしくは自動二輪の免許をお持ちの方、いらっしゃいませんか?」
 ここでも俺は首を横に振る。この高校生はみんな真面目そうで、免許なんてもっていないだろう。俺も持っていない。
スチュワーデスも、規約で免許は取れないことになっているから期待はできないのだ。
 そして、最後の願いをかけたようなアナウンスが鳴る。
機内アナウンス「ではお客様のなかで、資格を持っている方はいらっしゃいますか?種類は問いませんので、挙手をお願いします。」
 俺は、まっすぐに手を挙げた。ワードとエクセルの修了検定をとったばかりなのだ。そして、もう一人、手が挙がる。
スチュワーデス「今、手を挙げてくれた方は前に来てくれますか?」
俺と、もう一人の真面目そうな男子高校生が、前に呼ばれる。みんなに見られているので少し、緊張だ。
スチュワーデス「では、自己紹介と、持っている資格をマイクでみなさんに聞こえるように発表してください。」
 ワーという歓声。なんとか、俺も、男子高校生も自己紹介を終えた。
スチュワーデス「はーい。いいですか、みなさん。これから、この二人のどちらかに運転してもらうわけですが、
どちらに運転してもらいたいか、みなさんの拍手の数で決めたいと思います。いいですかー?それではいきます。」
高校生「はーい!!」
スチュワーデス「英語検定4級の、この高校生に運転して欲しい人ー?」
 パチパチ。まばらな拍手が鳴る。男子高校生は、顔を赤らめてうつむく。
スチュワーデス「では、ワードとエクセルのこの男性に運転して欲しい人ー?」
     パチパチパチパチ!!轟音のような拍手。
高校生一同A「エクセル!エクセル!」
高校生一同B「駿台!駿台!」
 俺を祝福する声と、期待する声。
そして、俺はスチュワーデスにうながされ、ついにコックピットへと足を踏み入れる。





20 :たんぽぽ:04/04/10 08:32
スチュワーデス「では、操縦の説明をします。飛行機のコックピットは、ウインドウズとほとんど同じです。」
 なるほど。たしかに、マウスがないだけで、似ている。噂で聞いたことがあったが、本当とは。驚きだ。
 スチュワーデス「その棒が操縦桿です。前に倒したら前に進み、横に倒したら横に行き、後ろで減速です。
Aボタンでレーダー、Bボタンで加速、Cボタンでスチュワーデスがコーヒーを持ってきます。」
 俺「なるほど。では、このYボタンは何ですか?」
スチュワーデス「やめて下さい。女性にそんなことを聞くなんて!デリカシーが足りませんよ。」
 スチュワーデスは顔を紅潮させる。恐らく、このボタンはそういう事なのだろう。
 俺「では、発進します!」
俺は、足下のペダルを踏み込み、ハワイへと急いだ。
 運転して3時間。Cボタンを押し、8杯目のコーヒーを飲む。運転にも飽きてくる。
 スチュワーデス「運転ご苦労さまです。あと20分でハワイに到着です。」
そして、その言葉通りに20分後、ハワイが目前に見えた。
 




21 :たんぽぽ:04/04/10 08:43
スチュワーデス「これより降下です。降下方法は、右手の近くのレバーをぐいと引っ張って下さい。」
なるほど。簡単なものだ。俺は、鼻歌まじりでレバーをひいた。
 驚きだ。なんと、レバーは、根本からスッポリとぬけてしまった。高度2万メートルのドリフである。
俺「あのー。これは長さんが亡くなった事に対する追悼でしょうか?」
 俺は、申し訳なさそうに、抜けたレバーをスチュワーデスに見せた。
スチュワーデス「.....!!そんな馬鹿な!何か、替えになる棒はありませんか?」
俺「そんな事を急に言われても。あ、そうだ。」
 俺は、飛行機の操縦がウィンドウズとほぼ同じという事を思い出した。
俺は、すごい速さでコックピットのキーボードをタイピングし、「着陸」と打ち込み、returnキーを押した。
 ギーという大きな音。軽い衝撃。そして、滑走路を走る音。
助かった。
 俺は、晴れ晴れしい顔で飛行機のタラップを降りる。その時、背後から声がしたので振り向いた。
そこには、コックピットで一緒に戦ったスチュワーデスが立っていた。
スチュワーデス「もう、行くの?」
俺「ああ。早くコカコーラを飲みたくてよ。」
スチュワーデス「あなたは本当に最高だったわ あなたこそナンバー・ワンよ」
 俺は、照りつける太陽に少しまぶしそうに目を細め、振り返りながらこう言った。
「You are First,I am second」






22 :考える名無しさん:04/04/10 12:53
涙が止まらん

23 :考える名無しさん:04/04/11 14:42
はろ

24 :考える名無しさん:04/04/12 22:54
静かじゃの・・・

25 :考える名無しさん:04/04/15 22:28
タナベマコツ

26 :たんぽぽ:04/04/16 00:39
我々は彼が何故あのような発言をしたのかという
疑問を解決するため、彼の故郷である熊本県熊本市に向かった。
「まだ日本にこんなところがあったのか…」
思わず口に出てしまった言葉を同行した上司に失礼だと咎められた。

小人が住むような小さな家、ツギハギだらけの服を着る村人たち、
そして彼らは余所者で身なりのいい我々を監視する様に見詰めている。
憲法だの民法だの、と学説を論じ合いながら浮かれていた我々は、
改めて片田舎の現状を噛み締めていた。

ボロ屑のような家に居たのは老いた母親一人
我々を見るなり全てを悟ったのか、涙ながらに
「息子が申し訳ありません」と我々に何度も土下座して詫びた。
我々はこの時初めて彼を許そうと思った。
誰が悪い訳ではない、熊本県の貧しさが全て悪かったのだ。
我々は彼の母親から貰ったカマボコを手に、
打ちひしがれながら広島へと帰路についた。

我々は、その日学校近くの居酒屋で鹿児島での出来事を語り合った。
夜中の1時を少し過ぎたとき、上司がボソッと呟いた。
「あれじゃ、しょうがないよな・・・・」
その言葉の意味を聞き返す者は誰一人いなかった。
その一言が持つ重みに我々は暫くの間、言葉を発することさえ出来ず、
下を向いてため息をついた。
熊本での悲しい出来事を思い出しながら、何故彼が人の話を聞かずに、同じ質問に
前の人と同じ答えしか言えないのか、分かったような気がした。

「17条、、、」その言葉には、熊本の貧しさが滲み出ていた。




27 :チューリップ:04/04/16 18:40
女子高生のパンツ 3000円

覗いた手鏡 300円

失った経歴 priceless






お金で買えない価値がある


28 :考える名無しさん:04/04/16 20:36
>>27
少しはヒネろや

29 :小説家:04/04/17 18:45
工事中の高層ビルの上を悠々自適に羽ばたいていく鳥を見ながら、
修助は去年の今頃、靴のかかとをすり減らしながら就職活動をしていた自分を思い出した。


                          つづく

30 :小説家2:04/04/17 23:30
「あぁ、懐かしいな」
修介は、そう思いながら教室のブラインドの隙間から見える鳥たちを見つめていた。
そのときだった。
突然、背中が誰かに切りつけられたような痛みを感じた。
「いたっ」
修介は、思わず痛みに堪えかねて反射的に声を漏らした。
振り返ると、秋葉がペンを持って真剣な眼差しで見つめていた。
「なんだよ」
修介は、秋葉をぐっと睨みつけ、威嚇するように言った。
「なに、ボーっとしてるんだよ」
秋葉は、何かを促すように修介に言った。
周りを振り返ると、教室に要るクラスメートが全員修介の方を向いていた。
「どうしたんだ・・・」
修介は呆気に取られながら、そっと黒板の方に目をやった。
「吉山くん」
先生が、修介のことを呼んでいる。
「はい」
修介は、返事をするつもりだったが、思わず語尾を上げるように聞き返した。
「わかるかね?」
そのとき修介は、初めて自分が今どういう立場にたたされているか悟った。

              つづく(次回最終回)



31 :小説家3:04/04/18 00:19


  【謝罪】
    落ちがみえみえなので、最終回はなくなりました。_| ̄|○  ガクッ

32 :チューリップ:04/04/18 15:30
何とも言い難い高揚感がある。
たった14試合、ペナントレースのわずか10分の1を消化しただけというのに、
こんな気持ちのわき立つ感覚は久しく忘れていた。季節は春。新緑が映える時期にして、今年のカープは確かに何かが違う。
勝つ。
それもホームグラウンドで勝ち続ける。何と頼もしく、響きのいいことだろう。
空席が目立った地元開幕6連戦ではファンの冷たさを感じたが、今は違う。
週末の巨人戦で観衆は2万人。数の大小は問題ではない。
まるで佳境を迎えた夏場のようにグラウンドとの一体感があるではないか。
スタンドのファンが一緒に戦い始めた。
野村の一打でこぶしを握り、ラロッカの一発で総立ち。
新井の三塁打は腹の底からの絶叫を呼び起こさせた。
九回表の静寂も一転し、締めの栗原の一振りを自信満々に見届けられる。
余裕ではない。勝つという無類の喜びが忘れかけていた元気を創出し、それがスタンドで体感できる。
はしゃぎ、浮かれるのも早急ではある。
しかし、無用な理性で感情を押し殺していては、今春の赤い旋風は楽しめない。
春空にこだまする大歓声。そんな気持ちの高ぶるゲームを選手たちは演じている。


33 :考える名無しさん:04/04/19 01:57
開幕から15試合も「5割」をキープする嶋こと「赤ゴジラ」
日本記録は1966年に18試合もキープした王貞治らしい。
カープファンは歴史的な猛打の目撃者になりつつある。


34 :考える名無しさん:04/04/19 23:47
最近俺のエロ本がいつの間にか数冊無くなっている。
そういえば妹も中学生になったし、まぁいろいろあるのだろう。
まだまだ若い兄としてはイタズラ心も湧くと言うものだ。
そこで俺の部屋の床に無造作に置いたエロ本の中に
「オナニーは結構だがもうちょっと声を抑えろ。聞こえてるぞ。」
とメモを挟んでおいた。
そして風呂から出ると、そのエロ本は見事になくなっていた。

翌日の朝食時、なぜか親父がチラチラとこちらを見てきた。
何で顔が赤いんだ、クソ親父。つーかてめぇか。クソ。




35 :考える名無しさん:04/04/20 01:26

2chにこんなコピペがあちこちに・・・・・・
地に落ちたもんだな。

36 :考える名無しさん:04/04/20 08:39
ttp://www.cji.jp/Link/coffebreak/story25.htm

↑↑
世界の王女特集
萌え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!

37 :たんぽぽ:04/04/24 12:37


     激痛

38 :考える名無しさん:04/04/24 17:47


      初救急車おめ

39 :考える名無しさん:04/04/25 23:23
>>38
さんくす
余裕ぶっこいて、学校行ったら痛みがぶり返してきますた。


40 :考える名無しさん:04/04/26 00:33
http://www.icc.aitai.ne.jp/%7Ey-k-h/text/2ch.htm

これ結構おもしろい!!

41 :考える名無しさん:04/04/26 16:05
キーには気ーつけよう!

42 :考える名無しさん:04/04/26 21:59
世の中まだまだ捨てたもんじゃねーな (σ・∀・)σゲッツ!!

43 :考える名無しさん:04/04/26 22:04




   パンパンしてーなぁ〜

44 :考える名無しさん:04/04/27 00:30




誰でもいいから、突き合いたい!

45 :考える名無しさん:04/04/27 00:32
 パンパンしてないのに、腰が痛い・・・・・・

46 :考える名無しさん:04/04/27 21:54
広嶋法科大学院

47 :夕焼け:04/04/27 21:55


 
   ポッキーとパンパンしたい


48 :考える名無しさん:04/04/27 22:01
Q:この中で一つだけ別の組織に属するものがありまつ。さてどれでしょう?

 1、ハード バイセクシァル
 2、秋葉原
 3、真正秋葉原
 4、監督
 5、会長
 6、ポッキー
 7、17条
 8、ロリコン
 9、マザコン
 10、ゲーオタ
 11、トップガン
 12、ラガーマン
 13、大先生
 14、お父さん
 15、MUST HURRY

49 :考える名無しさん:04/04/27 23:21
ユカタン萌え〜

50 :考える名無しさん:04/04/27 23:23
50(σ・∀・)σゲッツ!!


>>48
って優香、会長って誰?

51 :考える名無しさん:04/04/27 23:29
ユカタン萌え〜〜〜  (σ・∀・)σゲッツ!!
            and⊂(´∀` )⊃ターン!
             and ⊂( ´∀`)⊃リバース!

52 :考える名無しさん:04/04/27 23:39
シーゲル萌え萌え〜〜

53 :ユカタン奪還作戦project1:04/04/27 23:49
あの笑顔に癒されたい・・・・・・
 あの声に癒されたい・・・・・・
   あのバディーで癒されたい・・・・・・

一概に恋人がいるといっても、それは人それぞれであり
中には、付き合い始めたばかりのラブラブカップルもいるだろうが、
大抵のカップルは、当初の熱い想いも薄れ、マンネリという4文字を
ひしひしと感じながら、付き合っているはずである。
それなのに、何故彼ら、彼女達は新しい恋を求めていかないのか・・・・
これは人間がこの世に生を受けてから、長年解決されていない『謎』である。
今日、私はその謎を解くべく、みずからの経験則に基づいて考察していこうと
思っている。
つづく

54 :考える名無しさん:04/04/27 23:52
投票ターーーーーーーイム!!

1、ユカタン○
2、ポッキー

一応アタイは1に○←1票いれますた。

55 :考える名無しさん:04/04/27 23:58
俊●LOVE☆

56 :考える名無しさん:04/04/28 00:11
1、ユカタン○○
2、ポッキー

57 :考える名無しさん:04/04/28 00:16
1、ユカタン○○
2、ポッキー
3、ナオコタソ ○

58 :考える名無しさん:04/04/28 00:16
1、ユカタン○○
2、ポッキー
3、ナオコタソ ○○

59 :考える名無しさん:04/04/28 00:17
1、ユカタン○○
2、ポッキー
3、ナオコタソ ○○○

60 :考える名無しさん:04/04/28 00:18
1、ユカタン○○
2、ポッキー
3、ナオコタソ ○○○○

61 :考える名無しさん:04/04/28 00:49
1、ユカタン○○○
2、ポッキー
3、ナオコタソ ○○○○



62 :考える名無しさん:04/04/28 00:52
1、ユカタン○○○
2、ポッキー
3、ナオコタソ ○○○○
4、ツートップ○




63 :考える名無しさん:04/04/28 00:56
1、ユカタン○○○○
2、ポッキー
3、ナオコタソ ○○○○
4、ツートップ○







64 :考える名無しさん:04/04/28 00:58
1、ユカタン○○○○
2、ポッキー
3、ナオコタソ ○○○○
4、ツートップの一角○○



65 :考える名無しさん:04/04/28 01:03
_
       /:::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::/ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|
      |:::ノ   ヽヽヽヽヽ ヽ |
     (6  -=・=-  -=・=- |
     │     | |     |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       (・・)     |  < 笑いのツボが違う?フフ
       \    ∈∋   /   \______
         \____/



66 :考える名無しさん:04/04/28 01:11
1、ユカタン○○○○○
2、ポッキー
3、ナオコタソ ○○○○
4、ツートップの一角○○



67 :考える名無しさん:04/04/28 10:27
500万は払えないけど 2〜3万なら払えるよ ロリコン売春反対!

68 :考える名無しさん:04/04/28 11:48
シーゲル予習汁!!

69 :考える名無しさん:04/04/28 15:55
ぶっちゃけさぁ〜
SEXしたい

70 :考える名無しさん:04/04/28 16:06
轟々と溢れ出る未来への不安を感じながら、僕は、煙草から舞い上がる煙を見つめていた。
揺ら揺らと揺れながらいつの間にか消えていく煙を見つめながら、
そこに将来の自分の姿を重ねていた。
留まることなく次から次へと溢れ出る悲しみと空虚感に苛まれながら、
自分自身を保つのが精一杯だった。
凍てついた人々の眼差しにも気を止めなくなった自分自身を発見したとき、
街の中で自分の居場所もなくなったような気がした。
居場所の無い自分自身になのか、何処から溢れ出てくるのかも分からない想いに
対してなのか、自分自身が押し潰されそうになった時、
「ぼんやりとした不安…」
ふと、芥川の言葉を思い出した。


71 :考える名無しさん:04/04/28 20:12
もっと読書をしてから作文してね。

72 :もの申す:04/04/28 23:45
えっとさー ちょっとだけコーヒー買いにいっただけなのにさー 
置いてけぼりにするのはないんじゃない?

73 :考える名無しさん:04/04/28 23:48
名前: ここには何も書かなくてOKです
E-mail (省略可) :sage
          ↑
        ここにはSAGEと小文字で書いてください。
あとは好きな文章を書いて、書き込むボタンを押して頂ければ完了です。

74 :考える名無しさん:04/04/28 23:56
ポプラにコーヒー買いにいって飲んでただけなのに・・・・・・
そりゃ ないよ  

75 :考える名無しさん:04/04/29 00:56
1、ユカタン○○○○○◎
2、ポッキー●
3、ナオコタソ ○○○○
4、ツートップの一角○○

76 :考える名無しさん:04/04/29 11:54
1、ユカタン○○○○○◎
2、ポッキー●
3、ナオコタソ ○○○○○
4、ツートップの一角○○○

77 :考える名無しさん:04/04/29 13:37
1、ユカタン○○○○○◎
2、ポッキー●
3、ナオコタソ ○○○○○
4、ツートップの一角○○○○


78 :考える名無しさん:04/04/29 13:55
1、ユカタン○○○○○◎
2、ポッキー●
3、ナオコタソ ○○○○○○
4、ツートップの一角○○○○

79 :考える名無しさん:04/04/29 15:44
1、ユカタン○○○○○◎
2、ポッキー●
3、ナオコタソ ○○○○○○
4、ツートップの一角○○○○○


80 :考える名無しさん:04/04/30 00:23
今日、鷹ノ橋で飲みますた。
エリザベートの女の子・・・・・・
恋に落ちてしまいますた。
今まで、燻ってた想いが一気に開放され、最高の気分です。
オカマの相手をしたり、ムキムキまんにKISSされたり、
いろいろ辛い想いはしましたが、
あの笑顔、彼女の笑顔を見ただけで、全て吹っ飛びました。
ガードの固さも一級品でしたが、あの可愛さも特別ですた。
彼女の清楚な雰囲気。あの声、あの笑顔、
もう一度、彼女に会いたい・・・・・・
そして・・・・・・・・・・・・
     ・・・・・・

そして ・・・・・・





              ぱんぱんしたいでつ

81 :考える名無しさん:04/04/30 00:32
飲み会おつ!パンパンは目前!?w

82 :考える名無しさん:04/04/30 00:51
カナエタソ、ハァハァ

83 :考える名無しさん:04/04/30 01:01
店員のオネエタソ、ハアハア

84 :考える名無しさん:04/04/30 08:25
スーフリNHK出演記念パピコ

85 :考える名無しさん:04/04/30 10:21
奥の席のオバァチャン、ハァハァ

86 :考える名無しさん:04/05/01 00:36
今日は可愛い子ばかりでティンティンがビンビンでちた。択一終わったら、パンパンまかせてください!(σ´∀´)σ Gets

87 :考える名無しさん:04/05/01 00:42
ワレよりタンポポへパンパンシータイ


88 :考える名無しさん:04/05/01 00:47
おい!ワレ!まかしとかんかい!(笑)

89 :考える名無しさん:04/05/01 20:00
メールのやり取りがこんなに楽しいなんて!!!!!!!!!!
絵文字を使われることがこんなに嬉しいなんて!!!!!!
たんぽぽ感激でちゅ☆

90 :考える名無しさん:04/05/01 20:03
チアチア萌え〜〜〜〜〜〜〜


91 :考える名無しさん:04/05/01 21:55
カズカズ萌え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

92 :考える名無しさん:04/05/01 22:01
おい!今、オソマツで飲んでる奴!!
ヘラクレッてんじゃねーよ!!!
 

93 :考える名無しさん:04/05/01 22:03
おい!!カナブソを一生懸命捕まえてる お前!!



    お前のことを言ってるんだ!!プゲラ

94 :考える名無しさん:04/05/01 22:04
>>47
お前は過去の俺なんだけどさ〜
惨めだったな、、、お前(過去の俺)ホント惨めだったよな〜

95 :考える名無しさん:04/05/01 22:04
泣けてくるよ・・・・・・

96 :考える名無しさん:04/05/01 22:05
まじ泣けてくる・・・・・・

97 :考える名無しさん:04/05/01 23:20
求めつづけるものが恋ならば、
愛は、与えつづけるものだろう。






     ピヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨヨ

98 :考える名無しさん:04/05/01 23:24
みんな ピヨピヨ言葉で話しましょう!

99 :考える名無しさん:04/05/02 11:47
おなにぃなすれですね。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)